えんどうインプラント矯正歯科クリニックのスタッフは、より良い治療を患者さまに受けていただけるよう、治療体験を行っております。

HOME  > スタッフ治療体験ブログ

月別一覧

  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2018年06月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2018年07月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2018年08月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
スタッフ治療体験ブログ

スタッフ治療体験ブログ

口内炎は歯医者さんで治療できます

2018年02月13日

こんにちは!歯科医師の梅原です!!

 

少し前の話ですが、梅原は年末の忘年会ラッシュでの不摂生が祟って口内炎ができてしまいました。

数日たてば治るだろうと思っていたら、なかなかしつこく口のなかに居座ってくれていたので歯科用レーザーで治すことにしました。

 

実は当院に置いてある歯科用レーザー装置は、手術等で使用するだけでなく

レーザーのパワーを弱めれば口内炎等の粘膜疾患による痛みの緩和や治療が行えます。

口内炎があると、触ったり味の濃い物を食べたりすると痛いので普段から気になって仕方ありません。

そんな時に口内炎自体が無くなる訳ではないのですが、レーザーを当ててあげると、不思議と楽になります。

 

実は口内炎にレーザーを当てると言うことは、口内炎の表面を少し焼くことなので表面を焼く事によって膜が形成され外部からの刺激を遮断してくれる事になります。そうする事によってあの不快感が楽になるのです。

 

レーザーを使って焼くと聞くと少し怖いイメージがありますが、表面麻酔を使ってほとんど痛みも感じないのでとても安心です。

 

もし気になる方がいらっしゃいましたら施術自体も数分で終わるので、当日での対応も可能です。気軽にお申しつけ下さい。

 

マウスピース矯正(インビザライン)

2018年01月26日

こんにちは。歯科助手の箕浦です。

私は以前から下の前歯のガタガタと、上の歯が少し出っ歯になっていたので、気になっていました。

ただ、矯正というと、歯に白や銀のぽつぽつを貼ってワイヤーを通す治療をいうイメージが強く、

プライベートで写真を撮った時に目だったり、私事ですが結婚などのこともあり、なかなか前に進むことができませんでした。それから数年経ち、歯ぎしりなどが原因で奥歯がすり減り、かみ合わせが深くなったからか、前歯で麺類をかみ切ることが難しくなってきました。そんな時、インビザラインというマウスピース矯正と出会い、”これなら目立ちにくいし、この年齢でも気にすることなく治療することができる”と思い、スタートすることを決意しました。

まず先に資料をとりました。(お口の写真や顔の写真、レントゲン写真を撮り、歯の型取りをしました。

負担も少なく、一時間ほどで終わりました。)

その後院長先生と一緒にどの方法で歯を並べていくかを相談しました。

実際に歯が並んでいく様子をみれるので、将来こんな風になるのか!と目で見て確認することができたのでとても安心しました。いくつか方法があったのですが、はやく終わりたかったのもあり、上の歯を2本抜歯して矯正を進めていくことになりました。

矯正を始める前の準備として、歯を抜歯した後、歯に白い樹脂をつけました。

食事の時や、ジュースを飲むとき、歯ブラシ以外は、このマウスピースをはめます。(目安として一日20時間)私の場合は、一枚につき10日間使用し11日目からはまた違うマウスピースをはめ、最終的には、40枚×10日間=400日位で終了する予定なので、すごく楽しみです。

治療の経過は、随時更新する予定なので、楽しみにしていて下さい(^O^)

むし歯の治療

2017年12月29日

こんにちは。

歯科衛生士の村瀬です。

 

先日、スタッフの歯科検診をした時に、左上の一番奥の歯のれっ溝(こう)と呼ばれる溝が虫歯になっていることがわかりました。

奥の方までハブラシを入れて磨いているつもりですが、虫歯が見つかってショックでした。

 

そこで、花井先生に治療をお願いしました。

まだ、比較的に浅かったので麻酔をせずに治療しました。

黒くなっている所がむし歯です。

S67

 

 

 

 

 

 

 

むし歯になっている所を削ってもらいました。

S72

 

 

 

 

 

 

 

むし歯を削った後は、コンポジットレジンと呼ばれる樹脂をつめました。

 

まず、削った後に接着剤を塗ります。

S71

 

 

 

 

 

 

その後、コンポジットレジンをつめて光を当てます

S73

 

 

 

 

 

 

コンポジットレジンは光を当てると固まる性質があるため、カチカチに固まりました。

その後、咬合紙(こうごうし)とよばれる赤色の紙を噛み、噛み合わせのチェックをします。

赤色がたくさんついている部分が噛み合わせの高い所です。

S75

 

 

 

 

 

 

そこを削り、表面を磨いてむし歯をの治療は終わりです。

S74

 

 

 

 

 

 

むし歯の治療をするのはかなり久しぶりだったので、痛くないかドキドキ緊張しましたが、全く痛みもなく安心しました。

 

むし歯はまだ、小さいうちに治療をすると簡単に治療することができるので、早期発見、早期治療が大切だと実感しました。

そのためにも、定期的に検診を受けることがとても重要だと思いました。

インビザライン

2017年11月22日

こんにちは、歯科衛生士の岸です。

 

私は小学生から中学生の頃に、それぞれの歯の表面に小さい装置を貼って

歯並びを整える矯正治療をしていたのですが、治療後徐々に後戻りをして

隙間が広がってきていた事が気になっていました。

そこで、ドクターに相談をしたところ、インビザラインという方法で

再矯正をすることになりました。

この方法は透明なマウスピースを順番に交換しながら歯並びを整えていくものです。

 

 

治療の流れは、まず現在の口の状態や骨格などを調べるために

レントゲンや写真を撮ります。そして、口の大きさに合ったトレーを

作成したあと、精密な型取りをします。それらのデータを送ると、

矯正の過程の予測が届くので、確認後マウスピースが送られてきます。

歯の表面に数か所、透明な膨らみを付けたり、必要に応じてほんの少し

歯を削ったりしていよいよスタートです。

マウスピースは10日間~2週間で交換していきます。

 

始めは違和感や話しにくさ、窮屈さがあったりしましたが、

1週間ほどでだんだんと慣れてきました。

現在は6つ目のマウスピースを使っていますが、

歯並びが変わってきている実感が湧いてきてとても嬉しく感じます。

 

歯並びに関してどんな些細な事でもまずは無料で相談して頂く事も出来ます。

お気軽にスタッフまでご相談くださいね!

ken’sホワイトニング

2017年10月30日

こんにちは!!歯科衛生士の村瀬です。

先日、ken’sホワイトニングの体験をしました。

ken’sホワイトニングは他のホワイトニングと違い歯肉の保護をしなくてもOK、光を当てる時間も5分を3回でOKというホワイトニングです。

歯肉を保護しなくても良いということだったので、しみたり痛くならないか不安でしたが、やってみると痛みはほとんどありませんでした。

また、口を開いていないといけない時間も他のホワイトニングと比べると短く、すごく楽にできました。

歯の色の変化は元の歯よりも透明感がでました。

1回のみだったので、大きく変わった!!という実感はありませんでしたが、何度か回数を重ねれば白くなっていくと思いました。

1回からの施術も可能ですので、是非、お試しください!!

虫歯の治療

2017年09月14日

こんにちは。歯科衛生士の渡邉です。

私は、先日右下6歳臼歯の虫歯の治療をしました。

この歯は小学生の頃に治療して、部分的な金属のつめものが入っていました。

以前から冷たい物がしみたり、歯ブラシを当てると少し痛いということがあり、レントゲンを撮ってみると、金属の下が虫歯になっていました。

神経がある歯だったので、麻酔を打ってもらいました。

一度金属を外し、虫歯になっている部分を削り、白い樹脂でつめるという治療で終わりました。今回治療した所は、虫歯が浅かったのと、元々入っていた金属が小さかったので1回で治療を終えることが出来ました。

歯科検診が久しぶりの方は、過去に治した所が二次虫歯になっている可能性もあるので、ぜひ一度定期検診を受けてみて下さい。

①かぶせ物が入っています

S91

 

 

 

②かぶせものを外すと中で虫歯が進行していました

S92

 

 

③虫歯を削って白い樹脂をつめて終了!!

S97

 

保定装置の作り替え

2017年08月16日

こんにちは!!歯科衛生士の村瀬です。

私は以前、アソアライナーというマウスピースで矯正をしていました。

今は動かした歯が元に戻ってしまう後戻りを防止するために、マウスピースの保定装置で固定をしています。

私は、寝ている時に歯ぎしりをする癖があるため、使用していたマウスピースが割れてしまい、マウスピースの作り替えをしました。

上顎のみの矯正をしていたので、上の歯の型どりをしました。

元々、嘔吐反射があり、型どりが苦手ですが、鼻でゆっくりと呼吸するように心がけ、気持ちを落ち着かせたら、気持ち悪くなりませんでした。

新しく出来たマウスピースをつけてみると、少しの間、固定していなかっただけで、後戻りをして少し歯が動いていて、はめた時にきつい感じがしました。

矯正が終わった方で、保定装置が壊れてしまったり、割れてしまった、外れてしまったという方がみえましたら、早めにご来院いただければと思います。

おそうじをしてもらいました!!

2017年01月31日

皆さんこんにちは!!歯科衛生士の村瀬です!!

私は、先日、お口の中の歯石取りをしてもらいました。

毎日、人一倍、ハミガキに気をつかっているつもりですが、季節の変わり目などで体調を崩すと右上の5番目と6番目の間の歯ぐきが必ず腫れます。

また、歯石を取って3~4ヶ月ぐらい経つと歯の裏側が、ザラザラしてきてハミガキでは取れず、口の中が不快になります。

そこで、歯科衛生士の岸さんに歯石を取ってもらいました。

ハミガキだけでは取れない汚れが取れて舌触りもツルツルになり、歯ぐきの腫れもおさまりました。

やっぱり、3~4ヶ月に1回の歯石取りは重要だと感じました。

皆さんも3~4ヶ月に1度おそうじをしませんか?

 

歯周治療について。

2017年01月30日

こんにちは!!歯科助手の加藤です(´-`*)

みなさん、歯周病ってご存知ですか??私はえんどう歯科に入社するまで、歯周病という言葉しか知りませんでした。というのも、歯周病というのは年配の方がかかる病気でそれまで全く関心がなかったからです。しかし歯周病について勉強をしてみると、想像以上に恐ろしい病気だということがわかりました。なんと、今や成人の約80%の方が歯周病にかかっているといわれています。歯周病とは、歯の周りの組織が炎症を起こすことをいい、例えば歯茎が赤く腫れたりブラッシングをした際に出血がみられます。その中でも一番恐ろしいのが歯周病菌で、この菌が繁殖すると歯を支えている顎の骨をとかしてしまいます。すると、歯ぐきが下がり歯が伸びたように見え、物もつまりやすくなります。最終的には歯がグラグラ揺れて物がしっかり噛めず、抜歯に至るケースもあるそうです。毎日できるケアとして、一日三回の歯みがきと併用して、フロスや歯間ブラシを使用して頂くのをオススメします。ただ、誰でも磨き残しがあるので、そういった汚れが歯石に変わり、細菌を繁殖させてしまう原因にもつながるので、年に3~4回のお掃除を歯科で受けていただく事をオススメします。お水と超音波の出る機械で歯の周りをなぞるようにお掃除するので、終わった後はツルツルでとても気持ちが良いですよ!個人差はありますが、私は10分程度で終わりました。気になる方は、是非スタッフまで、「歯のお掃除受けたいです。」とお申し付けください。<m(__)m>

口内炎

2016年12月01日

こんにちは。歯科衛生士の羽田野です。

私は先日、下唇の裏に口内炎ができてしまいました。

食事で気をつけていても、食べ物が触れると痛みがあったので、

ドクターにレーザー治療していただきました。

当院では「炭酸ガスレーザー」というものを使用しています。

レーザーを口内炎の所とその周辺に当てますが、当てている間は

過剰な痛みもなく、処置時代も約2~3分で終了します。

また、レーザーを当てた後から舌で触っても痛みがなくなるため、

すごく楽になりました。

レーザー治療であれば短時間で口内炎の炎症を軽減することが出来ます。

定期健診に来院されて口内炎がある方はぜひ相談して下さいね!!

| 1 | 2 | 3 | 4 >>
Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.