えんどうインプラント矯正歯科クリニックのオペ室における衛生管理についてです。

HOME > 診療案内 > オペ室と衛生管理
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年06月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

2017年07月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

2017年08月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
オペ室と衛生管理

衛生管理

衛生管理

インプラント治療は、人体に人工物を移植する手術を伴うため、
手術時には口腔内から起こる出血による感染のリスクは非常に大きいものとなっています。
そのため、移植するインプラントだけでなく手術器具等の滅菌は最高レベルを維持しなければなりません。
当院では徹底的な手術時の感染予防に努めるため、
どんな小さな器具でも患者様一人ひとりに専用の滅菌パックされた物ご用意し、手術を行います。
滅菌された袋を開けて中の全ての物を並べるだけで、容易に簡単な手術の清潔域が準備できるシステムになっており、時間的にもコスト的にも無駄のない治療が行なえるようになりました。

通常の診療室での環境では、感染の危険性なく安全でしっかりとした手術を行なうことは困難です。
手術を成功させるためには、院内感染の防止に努め、器具の洗浄機・滅菌パックによる滅菌システムで感染対策を行い、患者様が安心してインプラント治療を受けられるよう、衛生管理がされているか見極めることが大切です。

最近では手術室を備えた歯科医院も増えてきていますが、オペ室があり、「“かつ”衛生的な体制が整っているのか」その医院が細かく注意をしているということが、『良い歯科医』選びのポイントになってきます。

オペ室

オペ室

インプラント手術中に滅菌対策ができていない環境では、インプラントを埋入した部位に細菌に感染・炎症が起き、骨との接合ができなくなったり、後々大きなトラブルを引き起こし、最終的にせっかくのインプラントが抜けてしまうということにつながります。
感染リスクの大きな要因である設備の問題は、できるかぎり徹底的にリスクを軽減することが必要不可欠と考えています。

そのため、当院では通常の診療スペースとは別にインプラントの専用オペ室を完備しています。オペ室内が完全無菌になっているだけでなく、オペ室内の気圧が陽圧に保たれているため、ドアが開いても内部の空気が外部へ流れるような仕組みになっています。

オペ室

インプラントは外科処置ですのでオペ室で行なう必要性がありますが、オペ室がない一般の診療スペースでもインプラント手術はできないことはありません。
インプラント治療を受けられる際には専用オペ室ではなくても、滅菌対策と衛生管理を徹底している医院であれば問題はありません。しかし、今まで通常に歯を削っていた場所で滅菌管理もせず、隣では普通に診療しているような環境は好ましくありません。

さらに専用のオペ室があることで、手術専用の環境と機器が整っており自由に動けるスペース・空間があることは、器具の受け渡しを無理なく行なえ事故防止にもつながります。

リカバリールーム

リカバリールーム

手術後、全身状態のモニタリングや出血の状態などを監視し、体調が整うまでリカバリールームでゆっくりお休みいただけます。
安心してご帰宅まで過ごしていただけるよう、配慮した作りとなっています。

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.