えんどうインプラント矯正歯科クリニックのオールセラミッククラウン治療についてご案内します。

HOME > 診療案内 > セラミック
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年08月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年09月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
セラミック

オールセラミッククラウンとは?

オールセラミッククラウンとは?

オールセラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)で出来ているものを使用する審美歯科治療です。
金属類を使用するメタルボンドと違って、全て光を透すセラミック材料(陶器材料)で出来ているので、天然の歯に近い透明感ある仕上がりになり、見た目の気になる前歯に適しています。
また、金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方でも安心して治療を行なうことができます。オールセラミック治療の通院回数は、患者様の症状によって異なりますが、当医院では
2回~になります。費用は、基本的に自費診療となります。

オールセラミック治療をオススメな方

  • 体に金属アレルギーをお持ちの方
  • 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
  • 以前の治療できた金属が見えることが気になる方
  • 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方

オールセラミッククラウンのメリット・デメリット

オールセラミッククラウンのメリット

  • 非常に見た目が良く、ほとんど変色しない
  • 汚れ(プラーク)が付きにくい
  • 金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる可能性が低い

オールセラミッククラウンのデメリット

  • 割れやすい
  • 歯を削る量が比較的多い
  • 天然の歯より硬いため、周囲の歯や、噛み合う歯を痛めることがある
  • 仮止めで様子を見ることができない
  • 長期的予後については、まだはっきりとは分かっていない
  • 将来的に歯ぐきが下がって、歯と歯ぐきの境目が見えてくることがある
  • 保険外の治療なので、値段が高い
  • 術者のテクニックによる見た目・持ちの差が出やすい

オールセラミッククラウンの持ち・予後

オールセラミッククラウンの5年生存率(5年間割れたりトラブルが出ない確率)は約95%です。
※オールセラミッククラウンはまだ比較的新しい材料なので、5年以上の長期的予後についてはまだはっきりとは分かっていません。(2008年現在)

オールセラミッククラウンの種類(主なもの)

  • エンプレス(イボクラール社)
  • プロセラ(ノーベル・バイオケア社)
  • セルコン(デンツプライ社)
  • セレック(シロナ社)
  • DECSY(エンジェルクラウン)(メディア株式会社)
  • インセラム(VITA社)
  • ウォルセラム
Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.