えんどうインプラント矯正歯科クリニックで対応する骨造成治療についてです。

HOME > 診療案内 > 骨造成
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年08月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年09月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
骨造成

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎の内側には上顎洞という空洞が存在するために、
上顎でインプラント治療をする際はほとんどの場合において骨量が少なくなっています。
上顎の骨は下顎に比べて軟らかいので、歯が抜けると急速に骨がやせていき、骨量が減っていきますので、インプラント治療の時には、骨が足りなくなっているのです。
この時の対応として上顎洞底部に骨を移植・造成する方法を
「上顎洞挙上術」または「サイナスリフト」とよびます。
サイナスリフトは上顎洞に横から穴を開け、人工骨を詰め込み骨の厚みを確保します。
この方法のメリットは、骨造成が多くでき、目視で確認しながら手術できることです。

ソケットリフト

ソケットリフト

同じように上顎洞の骨量が足りないが、垂直的な骨の量が5mm以上ある場合には「ソケットリフト」を用います。
ソケットリフトは挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して骨量を補填します。
ソケットリフトの良い点は、骨の移植と同時にインプラントを入れることができるので、移植した骨の安定を確認した後にインプラント手術をするような場合よりも、歯が入るまでの期間が短縮されます。
また体への侵襲度(体への負担)もサイナスリフトと比べると少ないので腫れや痛みがほとんどありません。
ただし骨造成量は少なく、手探りの手術のため術野を確認できないというデメリットもあります。

GBR

GBR

骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまいます。
歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が減少
(骨吸収)されていきますので、厚みが不足することがあります。
歯槽骨が不足している部分に、骨の元となる粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。
歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。
インプラントを埋入するオペの前に、必要な骨を作ってしまう場合もあれば、手術時に同時に行なうケースもあります。

この手法で、今までインプラントの埋入に必要な骨の量が不足していた人でも、治療が可能になっています。

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.