えんどう歯科・矯正歯科クリニックで対応する骨造成治療についてです。

HOME > 診療案内 > 骨造成
  • インプラント治療
  • 矯正歯科
  • 審美治療
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】

カレンダー

2020年02月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

2020年03月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2020年04月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
骨造成

インプラント治療を行う上で大切なのは、骨量です。
骨量が減っている場合、骨を移植したり造成したりします。そうなった場合、通常のインプラント治療の料金に骨造成の料金がかかることになります。
えんどう歯科・矯正歯科クリニックでは、少しでも患者様の負担を軽減できるよう、骨造成に係る施術は『無料』で提供させていただいております。

では、なぜ、『無料』でご提供できるのか?

通常、体への負担が少なく、時間も短縮できるソケットリフトを用いますが、上手く骨量が増えない場合は、上顎洞挙上術(サイナスリフト)へと術式を変更させて頂くこともあります。
ところが、ソケットリフトに比べて上顎洞挙上術(サイナスリフト)の料金が高いため、患者様からソケットリフトでお願いします、と言われることがあります。
また、骨造成のための施術は豊富な経験と知識を要するため、骨造成に係る料金のほとんどはドクターの技術料になります。

このような料金の設定によって、患者様にとっての最適な治療をご自身が受けられなくなる、という「治療に対する壁」を作りたくない、とうい院長の思いから、えんどう歯科・矯正歯科クリニックでは、骨造成に係る施術は『無料』で提供させて頂いております。
また、歯周病などで欠損した骨組織を再生・修復するGBRももちろん『無料』となります。

下記にて、上顎洞挙上術(サイナスリフト)、ソケットリフト、GBRについての詳細な施術方法を記しておりますので、ご熟読ください。

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎洞挙上術(サイナスリフト)

上顎の内側には上顎洞という空洞が存在するために、
上顎でインプラント治療をする際はほとんどの場合において骨量が少なくなっています。
上顎の骨は下顎に比べて軟らかいので、歯が抜けると急速に骨がやせていき、骨量が減っていきますので、インプラント治療の時には、骨が足りなくなっているのです。
この時の対応として上顎洞底部に骨を移植・造成する方法を
「上顎洞挙上術」または「サイナスリフト」とよびます。
サイナスリフトは上顎洞に横から穴を開け、人工骨を詰め込み骨の厚みを確保します。
この方法のメリットは、骨造成が多くでき、目視で確認しながら手術できることです。

ソケットリフト

ソケットリフト

同じように上顎洞の骨量が足りないが、垂直的な骨の量が5mm以上ある場合には「ソケットリフト」を用います。
ソケットリフトは挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して骨量を補填します。
ソケットリフトの良い点は、骨の移植と同時にインプラントを入れることができるので、移植した骨の安定を確認した後にインプラント手術をするような場合よりも、歯が入るまでの期間が短縮されます。
また体への侵襲度(体への負担)もサイナスリフトと比べると少ないので腫れや痛みがほとんどありません。
ただし骨造成量は少なく、手探りの手術のため術野を確認できないというデメリットもあります。

GBR

GBR

骨の厚さが不足していると、インプラントを埋入しても骨から露出してしまいます。
歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が減少
(骨吸収)されていきますので、厚みが不足することがあります。
歯槽骨が不足している部分に、骨の元となる粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。
歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。
インプラントを埋入するオペの前に、必要な骨を作ってしまう場合もあれば、手術時に同時に行なうケースもあります。

この手法で、今までインプラントの埋入に必要な骨の量が不足していた人でも、治療が可能になっています。

Copyright (C) えんどう歯科・矯正歯科クリニック All Rights Reserved.