えんどう歯科・矯正歯科クリニックのスタッフは「患者様の不安を少しでもなくすことが私ども衛生士、助手の役目」と語り、ブログに投稿しております。

HOME  > 歯の豆知識

月別一覧

  • インプラント治療
  • 矯正歯科
  • 審美治療
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】

カレンダー

2021年10月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

2021年11月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

2021年12月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
歯の豆知識

歯の豆知識

親知らずは抜かないといけない?

2021年09月30日

皆さんこんにちは!

9月の歯の豆知識を担当させていただきます、歯科医師の近藤です。よろしくお願いします!

段々と秋に近づいてきていますが、今年の夏はまだまだ暑い日が続きそうですね。コロナの感染対策もですが、夏風邪なども含めて体調管理をしっかりしていきましょう!

さて、今回のテーマは『親知らずは抜かないといけない?』についてです。

皆さんは親知らずというと、抜かないといけないものとイメージしませんか?『痛そう』『抜かないといけない』という話をよく聞くことが多いため、『親知らずは抜かないといけない』というイメージをもっている方が多いかもしれません。しかし、実際に抜かないといけない親知らずとそのまま抜歯しなくてもいい親知らずがあります。今回は『抜くべき親知らず』と『抜かなくてもいい親知らず』について考えていきましょう。

 

抜く必要がある親知らず

 

・親知らずに痛みがある

親知らずだけに限局している痛みがある場合、炎症反応で痛みにつながっている可能性が高いです。痛みが収まらない場合には抜歯することも一つの手です。

 

・親知らずが虫歯や歯周病になっている

親知らずが虫歯や歯周病になることで周りの健康な歯や組織にも影響が及ぶ可能性があります。軽度の場合には虫歯や歯周病の治療で抜歯しなくても大丈夫な可能性もあります。

 

・親知らずが斜めや横向きに生えている

親知らずがほかの歯と違う向きの生え方をしていると、プラークがたまりやすく虫歯のリスクも高くなります。また隣の歯を押すことで歯並びにも影響を与える可能性があります。

 

・噛み合う歯がない

親知らずが上下どちらか片方だけに生えている場合や先述のとおり生えている向きが異なる場合にはかみ合わせが合わなくなる場合があります。噛み合う歯がなく歯茎に当たって痛みがある場合には抜歯も検討します。

 

 

抜かなくても良い親知らず

 

・きれいに生えてしっかり噛み合っている

しっかり歯としての機能がある場合には抜歯の必要はありません。他の奥歯を抜歯した場合にも状態が良ければ親知らずを移植できる可能性もあります。

・骨に完全に埋まっている

歯茎や骨の中に完全に埋まっていたり、一部出ているが痛みなどの症状がない場合には抜歯しなくても良いことが多いです。

当院では親知らずの抜歯をするとき、特に下の親知らずの場合には大きな神経に近い可能性もあるため、CTを用いて3次元的に診査診断した後に安全に治療させていただいています。また抜歯後の注意点を説明させていただき、治療後には抗生剤、痛み止め、うがい薬を処方させていただいています。治療後には早い段階で消毒と傷の治りを確認させていただいています。痛みはないけど気になる方などもカウンセリングで相談させていただきますのでお気軽にお申し付けください。

スポーツと口腔の関係

2021年09月17日
 

こんにちは。歯科衛生士の岸です。

皆さんは最近、運動をしていますか?新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、お家で過ごす時間が増え、運動不足になってしまう方も増えたのではないかなと思います。しかし、運動不足から身体的及び精神的な健康を脅かす健康二次被害も懸念されます。意識的に運動・スポーツに取り組むことは、健康の保持・増進だけでなく、ストレス解消、自己免疫力を高めてウイルス性感染症を予防することにも役立ちます。そこで今回は、スポーツと口腔の深い関係についてご紹介します。

 

アスリートにとって、十分な栄養摂取のために、健全な口腔環境が不可欠なのは広く知られています。しかし、運動時の頑張りに欠かせない「スポーツクレンチング」についてはどうでしょうか?

 

スポーツクレンチングとは、スポーツ時の噛みしめであり、静的な構えと動的運動時の両方で起こります。スポーツクレンチングの発現はインパクト時にボールの力などに負けたくないとき、瞬発力の発揮時、体幹のブレを少なくしてエネルギーロスを少なくする必要があるときなどに見られます。

 

スポーツクレンチングにはさまざまな働きがあり、大脳皮質の活動性を向上させることなどが知られています。結果として運動能力、平衡機能、安全性に影響することが理解されています。ただし、不必要な場面での不要な噛みしめは身体を緊張させることになり、円滑な動作を阻害しますので注意が必要です。

 

 

 

このようにスポーツクレンチングは多くのスポーツシーンで発現し、その効果も高いものと思われます。しかし、スポーツクレンチングを安全かつ効果的に行うには健全な顎口腔系であることが必要です。そのため、スポーツ時の傷害を予防・軽減する必要があり、マウスガードの活用が有効です。

 

マウスガードの外傷に対する効果

①顎口腔系外傷の予防・軽減

(直接外力から歯を保護、口唇や舌、頬に対する歯による損傷防止、衝撃から顎関節を保護するなど)

②間接的外力による脳震盪、頸部外傷の予防・軽減

③顎口腔系障害の予防・軽減

④他の選手に対する歯による外傷(歯が凶器)の予防・軽減

 

お湯などで軟化後、口腔内で適合を図る市販のタイプや、適合性・咬合関係において不適切なマウスガードの使用は、安全性や顎関節への負担、装着によるストレス、筋力や平衡機能などへのデメリットになってしまうこともあります。そのため、選手の口腔状態や参加種目、競技レベルに適したマウスガードを作成し、使用することがおすすめです。

当院でもスポーツ用のマウスガードを作成することが可能です。また、当医院の院長は、スポーツ歯科ドクターですので何でもお気軽にご相談くださいね!

 

雑誌「デンタルハイジーン」2021年7月号より転載

お子さんの歯並びについて

2021年09月10日

みなさんこんにちは!今回8月の歯の豆知識を担当させていただきます、歯科医師の中町侑右です。よろしくお願いします。

8月は毎日暑い日が続いていますね。特に岐阜は気温が高く、全国のニュースでも「今日は岐阜が一番暑くなりました」といった言葉をよく耳にします。外出中はもちろんですが、室内でも暑さ対策には十分に気をつけたいところです。

夏休みに入りお子さんの来院も増えています。虫歯予防のフッ素や普段の磨き残し、歯石除去のお掃除など、定期的なメインテナンスは大人だけでなくお子さんにとっても大事になってきます。それに加えて、お子さん特有のチェックポイントになってくるのが、歯の生え変わりです。今日はお子さんの歯並びについて少しお話しできればと思います。

歯の生え変わり

子供の歯の生え変わりはおおよそ6歳くらいから始まります。3歳までに乳歯列が完成し、6歳くらいになるとその乳歯列よりも奥から第一大臼歯(6歳臼歯とも呼ばれます)が生えてきます。それと同じくらいの時期から下顎の1番前の乳歯(第一乳切歯)が抜けて、後継永久歯が生えてきます。その後に上顎の一番前の乳歯が抜けて生え変わり、その次に下顎の2番目の乳歯が抜けて、と順に続いていきます。

もちろん順番には個人差もありますが生え変わりの始まりは、ほとんどのお子さんがこのような経過をたどっていきます。普段からお子さんのお口の中をよく見ていただいている親御さんなどはこの頃になると、お子さんの歯並びにも関心が高くなってくるかと思います。特に下顎の1番目の永久歯は内側から生え始めることも多くあります。このままだと歯並びがカタカタになってしまうのではないか、というご相談もこの頃から増えてきます。

 

矯正のスタート

顎の骨のスペースが少ないと、永久歯への生え変わりで歯並びはカタカタになってしまいます。また上顎と下顎の成長のバランスが良くないと噛み合わせも悪くなってきます。もちろん指吸いや爪噛みなどの癖も歯並びにかなり大きな影響を与えます。そういった問題に対しては早めに矯正治療を始めていく必要があります。ではどのタイミングで矯正治療を考えていけばいいのでしょうか?

矯正を始めていくタイミングは、上顎と下顎の生え変わりが始まる頃です。具体的に言うと上顎と下顎の1番目の永久歯が生え、2番目の歯も生え変わりが始まる頃に矯正のスタートを考えていかなければいけません。

 

子供の矯正

お子さんの矯正は顎の成長を手伝ってあげて歯を並べていくというようなイメージです。ですので、成長のタイミングを逃してしまうと治療方法も変わってきてしまい、矯正スタートのタイミングを逃さないことが大事になってきます。

定期的に通っていただいているお子さんは、例えば乳歯列の時期から顎のスペースが少なくなるということはある程度予測できます。また虫歯などにより乳歯が抜けてしまったりしても、上手く顎の成長を手伝っていけないこともあるので、虫歯の治療、予防も大事になります。お子さんの生え変わりが始まり、急に矯正のことを考えないといけなくなった、といったことがないように、小さい頃から一緒にお口の成長を見させていただければと思います。

また定期検診に通われていないお子さんでも、6歳臼歯と前歯が生えて来る時期が歯並びチェックの時期になるので、いつでも矯正、噛み合わせについてご相談下さい。

親知らずを抜く前にお読み下さい!

2021年08月03日

こんにちは。歯科助手の村瀬です。

私は2年前に、矯正治療をしていました!スペース不足だったため、歯を何本か抜歯しました。

親知らず3本とその他にも3本抜歯しましたが、下の親知らずは横向きで、しっかり生えてきていなかったので歯ぐきを切って、抜きました。歯ぐきを切ったからなのか、抜歯後もかなり痛くてしばらくはおかゆやうどんを食べていたことを思い出しました。当時は、痛くて辛かったですが、今思うと抜いておいて良かったなと思います。

それでは、今回は抜歯についてのお話をさせていただきます!抜歯をしたことがある方は、当時のことを思い出しながら読んでみてください!

抜歯を受けるときは誰だってドキドキするものです。患者さんの体調に合わせて安全に処置を受けていただくために、歯科医院では事前にこんな事をお願いしています。

 

 

1つめは、持病について教えてください。

高血圧や心臓病の方は、血圧や心拍数が上がり、脳出血や心筋梗塞を起こしては大変です。ドキドキしにくい麻酔薬(アドレナリンを含まない)を選び抜歯します。また、出血が止まりにくいので、抜歯後の経過観察にご協力ください。

糖尿病や心臓弁膜症の方は、術後に感染を起こしやすく治癒が遅くなります。抜歯前から抗菌薬を処方することもありますので、歯科医院にお伝えください。

2つめは、飲んでいるお薬についてです。

糖尿病のお薬を飲んでいる方は、抜歯後痛みでお食事がとれない時にお薬を

服用すると血糖値が下がり過ぎてしまいます。

場合によっては、一時的に服用を休む必要もあります。

骨粗しょう症のお薬を飲んでいる方は、骨吸収抑制薬の副作用で、

抜歯後ごくまれに顎の骨の壊死が起きる可能性があります。お口の清潔を心がけましょう。

血液サラサラの薬を飲んでいる方は、出血が止まりにくくなる可能性があります。止血剤や縫合の準備が必要になるので必ず教えてください!服用を急に止めると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが上がり危険です。休薬は必ずかかりつけ医に確認をして下さい。

3つめは、歯科が苦手な方はご相談ください。

パニック障害の方は、抜歯をする際はかならずかかりつけ医に相談し、鎮静薬を処方してもらいましょう。抜歯中にイヤフォンで音楽を聴いて気を紛らわすのもおすすめです。

また、親知らずの抜歯は時間がかかる場合があります。リラックスして抜歯が受けられる笑気鎮静、静脈鎮静の使用も可能です。

次に、抜歯当日の注意事項です。まずは、医師から服用の中断指示がない場合は、持病の薬は普段通り服用してください。勝手に中断してしまうのは危険です。そして、当日体調がすぐれない場合は、抜歯を延期しましょう。処置中に気分が悪くなったり、脳貧血を起こしては大変です。

最後に、抜歯終了後の注意事項です。

出血が止まりにくくなる可能性があるので、抜歯当日の歯みがきはお休みし、翌日からは傷を避けて歯みがきをしましょう。うがいは水を含む程度に。お風呂は湯船に入るのはいいですが、血圧が上がりやすくなるので長風呂は控えましょう。

頬が腫れて熱を持っているとき、冷やすのはいいですが、冷やし過ぎは禁物です。氷や保冷剤は傷の治りが遅くなるので、冷水を絞ったタオル程度にすると良いです。腫れがあるうちは、長風呂・飲酒・激しい運動は控えましょう。

当日の食事は、麻酔が切れてからにしましょう。麻酔が効いていると頬や唇を噛みやすくなります。

抜いた直後は出血があるので、ガーゼを10~20分噛んで止血します。翌日までは唾液に混ざる程度の出血はある可能性があります。

唇や顎にしびれが残る場合があります。早期に対応するほど治りやすいので、早めにお電話を下さい。

抜歯後、30~60分で麻酔が切れてきます。痛むときは我慢せず痛み止めを飲みましょう。細菌感染しないように、処方された抗菌薬は必ずきちんと飲みましょう。

 

実はガムってすごいんです! 

2021年08月02日

こんにちは、歯科衛生士の井上です。

普段、みなさんはガムを噛む習慣ってありますか?私は朝出勤する時の眠気覚ましに使ったり、帰りの車の中で口寂しさや空腹を紛らわしたりするのにガムをよく噛んでいます。風船のように膨らませることができるガムやミントやフルーツなどいろいろな味があったり、商品によってはさまざまな効果が期待されて販売されていたりするものがありますね。現在だと手軽にスーパーやコンビニでたくさんのガム売られており、気に入ったものを購入できますが、実は歯医者でしか買うことができないガム(デンタルガム)があるんです!ご存じでしたか?

今日はそのデンタルガムについてお話していこうと思います。

➀一般的なガムとデンタルガムの違いについて

まず一般的なガムはスティック状やブロック状の”板ガム”や形に関係なく風船状に膨らむ“風船ガム”、糖類で表面をコーティングされている“糖衣ガム”があります。また、甘味料の種類から砂糖・ブドウ糖などが使われている“シュガータイプ”、キシリトールやマルチトースを使用した“シュガーレスタイプ”に分けられます。しかし、キシリトールが含まれているガムでもシュガーレスではないものもあるため、おやつやお菓子の一つとして考えましょう。


デンタルガムの場合だと、ガムのさまざまな効果に加えて、歯や口腔内環境にいい効果を与えるものです。また、「ガムを噛むことで口を十分に動かす」ということもガムの固さによっては期待することもできます。

➁ガムを噛むことで得られる効果について

デンタルガム(ガム)を噛むことによって唾液が出てくるようになります。その唾液が分泌されることによって口腔機能としての消化や潤滑・免疫としての役割もありますが、虫歯予防の観点としては食渣を洗い流す洗浄作用、エナメル質脱灰を修復する再石灰化作用、phを調整する緩衝作用が重要な役割となります。

また、ガムをよく噛むことによって脳の活動を活性にすることがわかっていたり、咀嚼筋が活発に働くことが姿勢を正しい位置に戻すことにも効果があるといわたりしています。そして、ガムを噛むことによりさまざまな筋肉が動くので、口腔周囲の筋肉のトレーニングにもつながっていきます。コロナ禍の現在ではマスク生活があたり前となっていますが、マスクをしていると口呼吸になっていることが多いことが指摘されています。口呼吸をしていると筋肉は脱力してしまいさまざまな問題を引き起こしてしまいます。お口がぽかんの状態だと口唇の力が働かず、舌が下に下がってしまい、余計な力がかかるなど、歯列不正や咬み合わせのバランスを崩す原因にもなってしまいます。また、唾液を飲み込む際に通常だと“スポット”と呼ばれる上あごの前方に舌の先がつくはずが、前歯を押すような形で飲み込んでいる(乳児嚥下)こともあります。こういった問題をガムを噛んで口腔機能のバランスを整えてあげることで改善していくこともできます。

➂日常にデンタルガムと取り入れていくには…?

車のカップホルダーにガムのボトルをいれて、車に乗ったらガムを噛んでみたり、お子さんの場合であれば、ゲームや勉強をしている際にお口ぽかん防止にガムを噛んでみるのもいいと思います。

もし、習慣化できたともしても気をつけたいのがただ噛むのではなく、左右均等に噛むということも注意してガムを噛みましょう!

当院でも歯科専売のガムを取り扱ってますし、市販も物でも効果を得られるのでぜひガムのある生活を取り入れてみては?

雑誌「デンタルハイジーン」 2021年5月号より転載

THE歯ブラシの選びかた、使いかた

2021年08月02日

こんにちは!歯科助手の西田です。今日は歯ブラシの選び方と当て方についてお話していきます。

私は歯科助手になるまでは歯ブラシは薬局にあるものを買い、どの歯ブラシも一緒だと思っていました。

歯医者さんで働いて歯ブラシにはたくさん種類や形があり、びっくりしました。

私は歯を磨く時、力強く磨いてしまうため、柔らかい毛先で歯肉にも優しく、歯と歯の間や奥歯も磨きやすい歯ブラシを使っています!少しの力でも磨けてしまうのでおすすめの一品です!!!

ぜひ歯科医院で歯ブラシを買ってみてください。気になることがあればスタッフに声かけてください!

まずは歯ブラシについてお話しします。歯ブラシには主に2種類の加工があります。ラウンド加工とテーパー加工です。

ラウンド加工とは見た目で注目されがちで、「使ってびっくり」「新感覚」の実力派。ただしこの実力を引き出すには動かしかたのちょっとしたコツが必要です。

テーパー加工とは、フロスや歯間ブラシ、タフトブラシをなかなか習慣化できないかたや、フロスや歯間ブラシで歯ぐきや歯を傷めがちのかたにオススメです。

歯科医院で歯磨き指導をしているとみなさんそれぞれ歯磨きの仕方にとても個性があるな〜と感じます。長年ご自身では意識せずに続けてきた癖が、歯の削れや痩せた歯茎となってお口の中にあらわれていることもしばしばです。

とても熱心に歯磨きをしてくださるかたによくあるのがゴシゴシ磨きです。硬めの歯ブラシで磨かないと磨いた気がしない。と隅々までしっかりと毛先を届かせようとつい力を入れて磨いてしまいがちです。

お口の健康は、「歯磨きさえ頑張れば守ることができる」と思われがちですが、自己流のやり方を続けているうちにかえって大切な歯や歯茎を傷めてしまうこともあります。

歯科医院では歯科衛生士さんがセルフケアの方法を教えてくれます。自分ではお掃除が難しい、歯周ポケットのなかなどは、プロフェッショナルケアでしっかりと綺麗にしてくれます。治療終了後のお口を守るため歯科に定期的に検診をオススメします。

Nico2021年3月号より転載

 

 

 

 

 

THE歯ブラシの選びかた、使いかた

2021年08月02日

こんにちは。歯科助手の水野です。

最近では、色々な歯みがき用のグッズが薬局などで売られていますね。フロスや歯間ブラシはもちろん、最近では毛束の小さなタフトブラシなど、以前では歯医者さんでないと買えなかった製品も市販品に加わっています。

私は今、当院でも販売しているピセラの歯ブラシを使用しています。毛先が細く、奥歯などもとても磨きやすいです。しかし、歯ブラシの種類や磨き方、使い分けの仕方によって歯みがきのクオリティがずいぶん上がります。

今回は、そのクオリティが上がる方法についてお話していきたいと思います!

歯みがきをワンランクアップさせる方法は、まずラウンド加工とテーパー加工という、2タイプの歯ブラシを両方使う方法です。ラウンド加工の特徴は、丸くカットされた毛先で、やさしく安全にお掃除します。歯の広い面や、噛み合わせ面(咬合面)の効率のよいお掃除が得意ですが、へこんだり細かなところのお掃除はどちらかというと苦手です。一方で、テーパー加工の特徴は、しなやかな毛質で、毛の先端が細く長くなっています。ラウンド加工では届きにくい、狭いところや段差、へこみのあるところに毛先を届かせやすいです。どちらかを気に入ると、そればかり使いたくなると思いますが、両方とも使うのがおすすめです。

 

また、テーパー加工の歯ブラシでみがくときに気を付けていただきたいのが、「毛先を歯周ポケットに無理に突っ込んでみがかない」ということです。歯ぐきが痩せ、歯根が露出する原因になってしまうからです。歯根はエナメル質に覆われておらず、露出すると虫歯になりやすくなってしまいます。「歯周病の予防のために」と、痛いのに我慢して続けている方がみえますが、歯周ポケットの奥を歯ブラシできれいにするのは至難のワザです。歯周ポケットの中の

お掃除は歯科衛生士にお任せくださいね。

とはいえ、この2タイプを毎回の歯みがきで使い分けるのは大変です。そこで、効率の良い使い分け方をご紹介します。まず、忙しい朝は歯面をラウンド加工の歯ブラシでササッとみがき、昼食後はテーパー加工で歯間に的を絞ってお掃除します。夜は、ゆったりできる時間に両方使って丁寧にお掃除します。歯みがきのクオリティアップを一日のトータルで考えると、それほど負担なく続けられると思うのでみなさんぜひ試してみてくださいね!

雑誌ニコ令和3年3月号より転載

インプラントのメンテナンスについて

2021年08月02日

こんにちは!歯科助手の水野です。

私は最近、先生にお口の中を見てもらったところ、左下の親知らずに虫歯が見つかったため、親知らずを抜きました。「下の親知らずは抜くと腫れるよ~」と聞いていたので怖かったですが、先生が上手に抜いてくださったので、痛みは抜いたその日だけで、次の日からは腫れも痛みも全くなかったです。

今回の虫歯は、親知らずだったので神経の治療はしなくて済みましたが、神経の治療をしてしまうと他の神経のある歯と比べて折れたり、割れたりしやすくなります。もし、抜けてしまった場合は、ブリッジ、入れ歯、インプラントのいずれかで補っていく必要があります。その中でも一番自然で、他の歯への負担が少ないのはインプラントです。今日はインプラントを入れた後のメインテナンスについてお話したいと思います。

インプラントに起こるトラブルで第一に怖いのは、細菌によるインプラント歯周炎です。しかし、過剰な噛む力への配慮も見過ごせません。「噛む力」と言っても、一時的に強く噛んでしまったというよりも、歯ぎしりや食いしばりといった、無意識に生じる継続的な強い力が問題となります。

インプラントと顎の骨のあいだには、噛む力を吸収・分散させる歯根膜がありません。そのため、過剰な力が生じた場合、インプラントや骨にダイレクトに負担がかかります。その結果、人工歯部分(上部構造)が欠けたり割れたり、連結パーツ(アバットメント)がゆるんだり、人工歯根(インプラント体)とあごの骨が剥離して、インプラントが抜けてしまうこともまれにあります。歯科では、噛みあわせや、上下の歯やインプラントの状態を調べることで、絶えずそうした癖の兆候に目を光らせ、兆候が見つかった場合は噛み合わせの調整やナイトガードなどで力の緩和を図ります。それらの兆候を早期発見するためにも、定期的なメインテナンスをおすすめしております。


メインテナンスでは、インプラントと、そのまわりの歯ぐきやあごの骨の状態を複数の検査で調べます。なかでも、重要視されるのが、インプラントと歯ぐきのあいだに器具を押し込んだときに「出血」するかどうかです。出血したなら、インプラントの根元に付着した細菌が、歯ぐきで炎症を起こしています。周囲炎や、その前段階の周囲粘膜炎になっていることが分かったら、まずは患者さんにセルフケアを見直していただきます。インプラントの検査は、具体的に①出血を診る ②ポケットの深さを測る ③膿が出ていないかを診る ④レントゲンを撮る ⑤インプラントの動揺を診る ⑥噛み合わせのチェックをし、その後インプラント全体を徹底的にクリーニングしていきます。定期的に検査とクリーニングに来て頂くことはとても大切なことですが、患者さんご自身での毎日のセルフケアもとても重要になってきます。セルフケアをしていくなかでフロスや歯間ブラシを行った際に「出血」がある場合は要注意です。丁寧にケアをし、早めに歯科医院で診てもらいましょう。

雑誌Nico 2020年12月号より転載

ドライマウスについて

2021年06月21日

みなさんこんにちは、歯科衛生士の岸です。

一生懸命に歯を磨いているのにもかかわらず、なぜか歯周病が改善しない、虫歯が進行してしまう、お口の中に不快な症状があるけれど、原因がはっきりしない。そんなお悩みのある方はいませんか?
実はそれらの影に「ドライマウス」が存在していることがあります。ドライマウスには唾液量の低下だけでなく、口腔粘膜の保湿力の低下や口腔乾燥感を持つ症例なども含まれます。特に唾液量が低下すると、虫歯や歯周病に影響を及ぼすだけでなく、食事や会話など日常生活にも支障をきたしていきます。
今回はそんな「ドライマウス」についてご紹介していきます。

ドライマウスは口腔内全体に現れる症状ですが、まず舌を診ることでいろいろな情報を得ることができます。
ドライマウスは舌の状態に応じて大まかに①カラカラタイプ、②ネバネバタイプ、③ヒリヒリタイプの3つに分けられます。

①のカラカラタイプは舌だけでなく頬粘膜など口腔粘膜の水分が蒸発し乾燥していきます。②のネバネバタイプは唾液の漿液性(サラサラな唾液成分)と粘液性(ネバネバな唾液成分)のバランスが悪いことが多く、泡状の唾液が舌に残っています。③のヒリヒリタイプは舌の表面の細かな突起の萎縮があり、舌が強い赤みを帯びています。
ドライマウスの1つである唾液量が低下する原因は、シェ-グレン症候群という疾患や、噛む頻度の低下、薬剤の副作用やストレスなどさまざまです。また、入れ歯の新調による口腔環境の変化や、歯磨き粉などが口の粘膜に合わないことや、市販薬の服用、日常生活の忙しさや疲れなども原因の1つとなります。
また、酸蝕症といって歯の硬組織、特にエナメル質の表面が欠けてしまったり溶けてしまったりする症状の原因についても食品などの酸や胃液などが代表的に挙げられますが、それだけではなくドライマウスも原因のひとつだと言われています。そして、最近の健康ブームでお酢などを日常的にとられる方もみえますが、お口の乾燥によって歯へのダメージが大きくなってしまうので、特に注意が必要です。
ドライマウスの改善のためには、原因となっているものを取り除くことや、症状を和らげるための対処療法が行われます。対処療法でよく用いられる保湿剤にはジェルやスプレー、マウスリンスなどがあります。
ジェルは保湿力が高いので、カラカラ・ヒリヒリタイプの方に適しています。うがい等で口の中を潤してから、マッサージをするように塗布すると効果が高まります。スプレーは即効性が高く、特にカラカラ・ネバネバタイプの方に適しています。マウスリンスは口腔内全体や喉まで広がりやすいため、特にカラカラタイプの方に適しています。

ドライマウスの患者さんは年々増加している傾向にあります。少しでも気になる症状があればお気軽にご相談くださいね。
デンタルハイジーン2021年4月号より転載

加齢には抗えないけれども、老化には抗える!

2021年06月20日

こんにちは。今月ブログを担当させていただきます、遠藤奈穂です。

皆様、日に日に暑くなってまいりましたが、お健やかにお過ごしのことと存じ上げます。

毎日コロナ、コロナ、こればかりのワードが日常で飛び交っております。

コロナウィルス感染の恐怖による受診控え。

この事についても、私の前号ブログに書き記しました。

ただ、日々診療をしています中で感じる事は、さすがに最近は受診控えが少し減ったように思います。ワクチンも世の中に浸透し始め、オリンピックも始まる事もあり、このまま、落ち着いてくれればと願ってなりません。

 

では、今月の話題に参りたいと思います。

毎回の事、お聞きになりたいことは皆様あまり大きく変わる事もないので、

私の担当させていただいております患者様からよくある質問の一つについてお答えしていこうと思います。

毎日沢山質問があり、お答えしております中で、自分でも疑問に思い、調べてみたことがございます。

それは、加齢には抗えないけれども、老化には抗えるという事!!

女性は必見です!!(女性だけではなく、皆様に日々心がけていただきたい事でもありますが・・・)お家時間が増えている今だからこそ、もう一度見直していただきたいことでもあります。

私は自分の体の事も考え、ヨガや、ピラティスを実践しています。

私の年齢まで生きてくると、さすがに体も少しずつ衰えが目立ってきており・・・。

自律神経を整え、日々の疲れを自分自身の力で免疫力を高め、癒せるようにということで始めた事でした。沢山の癒しの中での気づきでした。

老化は何も手足や胴体、顔に限ったことではなく、口腔内にも言えることなのです。口腔内は年齢を重ねるごとに癖が顕著に表れてくるようになります。

要は、頑固になるのですね。

そこで、柔軟な頭になり、色んなトレーニングをしなくてはならないというお話です。

舌もその一つです。

舌の事にも触れたいところですが、これだけでかなり長いストーリーになりますので、また私の次のブログに書かせていただきたいと思います。

という事で、話を元に戻し、口腔内の老化は勿論の事なのですが、実は、あまり重要視されていない、声についても書かせていただきたいと思います。

実は、あまり知られていない事実ですが、声もトレーニングをしなくては、衰えていくのです。

 

 

今、私たち人間の死因ランキングはどうなっているか、もうご存知の方が沢山いらっしゃると思います。

一位・・・悪性新生物

二位・・・心疾患

三位・・・脳血管疾患

四位・・・肺炎

です。

ここまでで思う事。たとえ、寿命であっても、寝たきりではなくて、元気で長寿を全うする!!これって皆様が願う事なのではないでしょうか?

ここで、あれ??四位って意外と肺炎?なの?と思われた方、いらっしゃると思います。

そうなのです!!四位で肺炎が上がってきているのです。

俗にいう高齢者で良く聞かれます、‘誤嚥性肺炎‘

もその中に入ります。

誤嚥性肺炎はみんながなってしまうのか???

そうでもないのです。

では、何がそれを予防してくれるのか?

予防するのには意外に近くに予防できるコツがあるのでした。

 

それは、‘声‘です。

音声障害は嚥下障害とリンクしていることが多いのです。

要は、声がしっかり出る方は嚥下も保たれていることが多く、

誤嚥を来す方は声が弱いことが多いのです。

 

その声帯ですが、声帯の老化は50歳ごろから発生し、音声障害を来します。

その後に嚥下筋の減弱に伴い、嚥下障害を起こすのです。

ですから、声がかすれてきたら、要注意!!という事なのです。

 

皆様、是非、予防していきましょう!!

予防には声帯の維持が必要になってきます。

声帯の維持のために注意していただきたい事!!4つ!!

 

  • 声帯の保湿!!

一日最低1.5リットルの水分摂取を心がけましょう!!

ただし、カフェインが入っていないものでお水、お茶に限定されます。

  • 慢性炎症の回避とコントロール

悩ましいことですが、近年増加するアレルギー性炎症や、逆流性炎症のコントロールを何らかの方法でする必要があります

  • 適度な発声!!

喉、声帯も筋肉、粘膜で構成されています。

勿論、声を無理やり発生するのではなく、心地よいと思われる程度で発生することで、適度な筋トレになります。

  • 活性酸素の予防!!

加齢とともに、全身の活性酸素が増加するのでありますが、声を出すことにより、声帯にも活性酸素が増加することがわかり、その活性酸素の抑制する抗酸化サプリメントが有効とされています。

 

以上、4つが予防策に当たります。

皆様、是非、お試しになってください。

いつまでも若々しく、健康でいたいですものね(⌒∇⌒)!!

 

是非、私達と共に、頑張りましょう(*^^)v

そして、健康寿命を延ばしていきましょう!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

| 1 | 2 | 3 | 4 >>
Copyright (C) えんどう歯科・矯正歯科クリニック All Rights Reserved.