えんどうインプラント矯正歯科クリニックのスタッフは、より良い治療を患者さまに受けていただけるよう、治療体験を行っております。

HOME  > スタッフ治療体験ブログ  > 親しらず抜歯

月別一覧

  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】

カレンダー

2019年09月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

2019年10月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2019年11月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
スタッフ治療体験ブログ

スタッフ治療体験ブログ

親しらず抜歯

2019年09月11日

こんにちは!

歯科医師の近藤です。

今回は左上の親しらずを抜歯した話をしたいと思います。

 

以前まで痛みはありませんでしたが、先日左下が痛くなったのでレントゲン撮影をした後に上の親しらずが下の歯茎に噛みこんでいたため、左上の親しらずを抜歯することとなりました。

下の親しらずは神経が近い場合もあり、抜歯すると上よりも腫れることなども考えての左上の親しらずを抜歯する治療となりました。まず私自身、麻酔の経験があまりなかったのでどのような味がするのかを知ることもできた貴重な体験をさせていただきました。

表面麻酔はソーダ味で少し歯茎がしびれるような感覚があり、その後の麻酔の痛みを軽減することができます。

麻酔が効いていることを確認後に、左上の親しらずを抜歯していただき、左下の親しらずはお掃除した後に抗生剤を塗っていただきました。

痛み止めと抗生剤を処方していただき、処方分を服用して様子見しましたが下の歯茎の炎症もなくなり痛みもなくなりました。痛みが出た時にすぐに相談してよかったと思いました。

ただし、抜歯窩を舌で気になって触ってしまいました…。触ってしまうと『ドライソケット』というものになってしまったり、傷の治りが遅れてしまう原因にもなります。

皆さんは触らないように気をつけてくださいね!

今回親しらず抜いていただいた副院長先生に感謝したいと思います。

近藤Dr親知らず抜歯

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.