こんにちは!歯科助手の山森です✨

 私は、えんどう歯科で働き始めて先生に

「歯ぎしりをしているね」

と言われ、自分では気づかなかったのでとても驚きました。

通常かみ合うはずではない部分で歯と歯が重なるところがあり、歯がすり減っていました。

 そこで、マウスピースをつけ、歯を守る方法を教えていただきました。

 

P5190886.JPG←作成したマウスピース

  

寝ている時に知らず知らずのうちに歯を食いしばっていたみたいです。

肩こりや少ししみたりしていたので、それは歯の食いしばりが原因だったのだと知りました。

 

私の場合は夜寝ているときの食いしばりだったので、夜寝ている時だけ使用していますが

なにかに集中する際なども歯を食いしばることもあるので、そういった時にも使っていただけます。

マウスピースはニオイや汚れもつく為、使用していない時はていねいに洗って保管しています。

熱い水で洗うと変形してしまうので、冷たい水または、ぬるい水で洗うことがポイントです!

 

 

歯ぎしり、食いしばりで悩まれている方、顎が痛いと感じる方はいませんか?

マウスピースをつけることによって、顎の力が一番安静できる位置に置き換えることができ、

保険治療内ででき、型どりをしてその次にはもう出来上がりお渡しすることができます。

 

私のように、全然知らなかったという方もみえますので

一度お口の中の検診と一緒にご相談ください(^^)🎶