えんどう歯科・矯正歯科クリニックのスタッフは「患者様の不安を少しでもなくすことが私ども衛生士、助手の役目」と語り、ブログに投稿しております。

HOME  > 歯の豆知識  > 中日新聞に掲載された内容です

月別一覧

  • インプラント治療
  • 矯正歯科
  • 審美治療
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】

カレンダー

2021年03月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2021年04月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

2021年05月

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
歯の豆知識

歯の豆知識

中日新聞に掲載された内容です

2020年12月25日

こんにちは。

えんどう歯科・矯正歯科クリニック 院長の遠藤為成です。

2020年12月24日の中日新聞に掲載されたコラムの内容をご紹介します。

【質問】

60代女性です。部分義歯を使っていて、不便は感じていないのですが、歯科医からインプラント治療(保険適用外)を勧められました。インプラント治療に踏み切るタイミングはいつが良いのでしょうか。

 

【回答】

ご質問ありがとうございます。

お口の中の歯肉や骨(歯槽骨)はいつも一定ではなく、年々変化していきます。

特に入れ歯の下の歯肉や骨は入れ歯からの圧迫の力がかかるため周囲の歯肉や骨より大きく変化します。

そのため入れ歯は定期的に作り替えが必要になります。

また、形が合わなくなった入れ歯を気づかず使用することによって歯肉や骨の吸収が著しくなります。

骨が少なくなると周囲の歯にも、動揺などの悪影響が出てきます。

歯科インプラント治療は人工のネジを骨の中に埋め込む治療です。

そのため骨(歯槽骨)が少なくなるとインプラント治療を希望しても手術が複雑になることがあります。

現在部分床義歯を使っていただいて不便は感じていないと言う事ですが、

入れ歯の作り直しが面倒な場合や、もし将来、歯科インプラント治療を希望されるようでしたら骨がしっかりあるうちに治療されることをお勧めします。

えんどう歯科・矯正歯科クリニックは、岐阜県関市のお子様からお年寄りまで安心して通っていただける歯医者です。安心・努力・誠意をモットーに皆さまのお口の健康のサポートをさせていただいております。えんどう歯科・矯正歯科クリニックには関市周辺(関、岐阜、美濃、郡上、美濃加茂、各務原)から多くの患者様に来院していただいております。

Copyright (C) えんどう歯科・矯正歯科クリニック All Rights Reserved.