えんどう歯科・矯正歯科クリニックのスタッフは「患者様の不安を少しでもなくすことが私ども衛生士、助手の役目」と語り、ブログに投稿しております。

HOME  > 歯の豆知識  > 中日新聞 遠藤院長コラム 2021年4月26日掲載分

月別一覧

  • インプラント治療
  • 矯正歯科
  • 審美治療
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】

カレンダー

2021年06月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

2021年07月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

2021年08月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
歯の豆知識

歯の豆知識

中日新聞 遠藤院長コラム 2021年4月26日掲載分

2021年05月25日

2021年4月26日

中日新聞に掲載された

遠藤院長のコラムをご紹介いたします。

 

Q)私自身、虫歯が多いのがコンプレックスでした。子どもの虫歯を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?子供用の歯磨き粉や歯ブラシはどんなのを選ぶといいのでしょうか?

 

 

 

お子さんの虫歯予防にはご両親の仕上げ磨きが1番大切となります。

仕上げ磨きで注意して頂きたい部位ですが5歳までは上の前歯の歯と歯の間と下の歯の奥歯から2本目の歯と歯の間が虫歯になりやすい部位です。特に前歯はボトルカリエスと言って乳歯の虫歯の好発部位になりますので注意して磨いてください。

6歳からは乳歯一番奥から永久歯は萌出してきます。これは6歳臼歯と言って全ての歯の中で一番大きな歯です。そのため噛むのに一番重要歯になります。その他に、これから他の乳歯が永久歯に生え変わるのに噛み合わせの高さや歯並びにも重要な役割をします。

歯磨き剤はフッ素配合の歯磨き剤を使用してください。フッ化物配合量の上限は1500ppmですのでなるべく高濃度の物が良いでしょう。最後に歯ブラシですが大なるべくブラシの小さいものを使用して細かく1歯ずつ磨くようにしてください。

小学生の高学年で6歳臼歯に虫歯が無いお子さんはその他の歯が虫歯になっている事はありませんので是非チェレンジしてください。

えんどう歯科・矯正歯科クリニックは、岐阜県関市のお子様からお年寄りまで安心して通っていただける歯医者です。安心・努力・誠意をモットーに皆さまのお口の健康のサポートをさせていただいております。えんどう歯科・矯正歯科クリニックには関市周辺(関、岐阜、美濃、郡上、美濃加茂、各務原)から多くの患者様に来院していただいております。

Copyright (C) えんどう歯科・矯正歯科クリニック All Rights Reserved.