えんどうインプラント矯正歯科クリニックが考えるインプラント治療のメリット・デメリットです。

HOME > 診療案内 > インプラント治療のメリットデメリット
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年08月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年09月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療と、その他の治療法のメリット・デメリットをこのページで比較します。
まずその違いを確認し、知ってください。
メリットとデメリット、両方を知っていただいてから、インプラント治療を選んでいただきたいと当院では考えています。

インプラント

インプラントのメリット

インプラント
  • 安定した噛み合わせを長期間保つことができます
  • 失った歯の数が多くても、噛む力(咀嚼能力)回復が望めます
  • 自分の歯に近い外観が再現できます
  • 自然の歯に近い機能を取り戻すことが可能です
  • 歯を失った箇所は、顎骨の成分が自然に減ってしまいますが、咀嚼の刺激で衰退を防止できます
  • 適切なケアを行なうことで、長期間の使用に耐えられます
  • 仮に抜け落ちてしまったとしても、再度の手術で埋入のし直しが可能です

インプラントのデメリット

  • 治療時間が比較的長期に渡ることが多い(最近は種類と適応症により最短で6週間ほどとなります)
  • 手術になりますので、少数ですが適応とならないケースもあります
  • 自費治療ですので、比較的費用が高額になります
  • 施術後もブラッシングなどの家庭内、医院での定期メンテナンスが必要となります
    (通常は、最低半年に1回ほどのペースで、メンテナンスのためチェックを専門家が行ないます)

入れ歯

部分入れ歯のメリット

部分入れ歯
  • 短期間(数年)使用でみた場合、咀嚼機能をある程度回復できます(天然歯の1/3ほどの咀嚼機能です)
  • 外科手術に比べ、短期間で咀嚼機能を回復することができます
  • 健康な歯で支えるなどの必要がなく、他の天然歯への影響が抑えられます

部分入れ歯のデメリット

  • 入れ歯を支える骨や、歯の喪失を招きやすいと言われています
  • 変化する口内環境に合わせる必要があるため、数年ごとに作り変え、もしくは細かい調整が必要となります
  • 作った時には適切な噛みあわせであっても、長期間同じ噛みあわせは維持することは困難です
  • 多くの場合、装着時に違和感を感じやすいと言われます
  • 自然な歯の外観を維持しにくくなります

ブリッジ

ブリッジのメリット

ブリッジ
  • 自然の歯と同じような外観を回復できます
  • 自分の歯と同様の咀嚼が可能です
  • 噛み合わせを回復できます
  • 歯列の安定したつながりを復旧することが可能です

ブリッジのデメリット

  • 対象となる歯の両側に、しっかりとした歯がない場合には施術できません
  • 失った歯の数が多い場合には処置できない場合があります
  • 土台となる歯を削除しなくてはならないケースがあります
  • 土台となる歯に噛む力が余計にかかるうえ、清掃性が悪くなるため、その歯を喪失する危険度が増します
  • 審美性の回復を考えた場合、セラミックが優れていますが、保険の適応ができません
  • インプラントより長持ちしないと言われています(平均で7~8年の寿命と言われています)
  • ブリッジを支える歯にもし問題が発見された場合、治療のやりなおしが必要になります
インプラント治療は、デメリットもありますが(治療費が高額、手術を伴うなど)、メリットは絶大です。長くしっかり噛めて美味しく味わうには、インプラントはおすすめなのです。
Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.