えんどうインプラント矯正歯科クリニックのインビザラインについてご案内します。

HOME > 診療案内 > インビザライン
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年08月

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

2017年09月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
インビザライン

インビザラインとは?

インビザラインとは、米国のアライン・テクノロジー社が開発した、患者さま一人ひとりの歯に合わせてカスタムオーダーされる、透明なマウスピース型の矯正装置です。
透明なマウスピース(インビザライン・アライナー)を2週間に1度交換してすることにより、段階的に歯を動かし矯正を行います。
アライナーは薄く透明で、取り外しが可能なため、日常の食事や歯磨きなどにおいても支障がありません。
インビザライン・システムは、全世界で7万人以上の先生型に採用され、累計では、210万以上の患者さまが治療を受けられています(2012年12月現在)。

インビザラインのメリット

透明に近く目立たない

アライナーは透明に近く目立ちません。装着していることがほとんどわからないため、治療中であっても口元を気にせずに生活することができます。人前に出る機会の多い職業の方にもオススメです。

取り外しが可能なため衛生的

自分で取り外しが可能なため、歯磨きやフロスなどでいつもどおりに歯のお手入れができ、口腔内の衛生を保つことができます。また食事の時も食べ物が装置に挟まる心配がありません。

金属アレルギーでも安心

インビザラインは透明の医療用プラスチックで作製され、金属製のワイヤーやブラケットを使用しません。そのため金属アレルギーの方も安心して使用が可能です。

インビザラインに関するQ&A

  • 治療の適用範囲は限られますか?

  • 一般的な矯正装置と同じように、治療の適用範囲に制限はありません。ただし、治療方針等によって対応できる範囲は異なります。詳しくは担当医へご確認ください。
  • 治療期間はどれくらいですか?
  • 治療期間には個人差がありますが、従来の矯正治療とほとんど変わりがありません。
  • 治療に痛みはありませんか?
  • ブラケットやワイヤーを使用しないため、装置が口腔内に当たることで感じる痛み等はほとんどありません。
  • 治療費用はどのくらいかかりますか?
  • 治療費用は、必要な治療の種類や期間等をふまえて異なります。詳しくは担当医へご確認ください。
  • 年齢に制限はありますか?
  • 年齢による制限はありません。永久歯が完全に生え揃っていない場合でも、治療は可能です。

インビザライン・ティーンとは

インビザライン・ティーンは、目立たない、衛生的などのインビザラインの特徴はそのままに、永久歯が完全に生え揃っていないなどの、10代の方を対象とした矯正治療です。

インビザラインティーンに関するQ&A

  • 治療対象年齢はありますか?

  • 永久歯が完全に萌出していないなど、10代の矯正治療における様々な課題点を考慮した治療システムです。(矯正歯科医の判断によっては、10代以外の方の治療にも適用される場合があります。)
  • アライナーを失くしてしまった場合は?
  • アライナーを失くしてしまった場合は、治療の進行状況によって、紛失したアライナーの代わりのアライナーが届くまでの間、1つ前の治療段階のアライナーを装着するか、もしくは、次の段階のアライナーに進むかを、担当医が判断します。
  • 通院回数や通院頻度はどのくらいですか?
  • インビザライン・ティーンは、アライナーの調整やメンテナンスをほとんど必要としないため、通院していただく回数は限られています。通常、4週間~6週間に一度、あるいは医師の判断に応じて通院し、治療の進捗状況の確認および、次の治療段階のアライナーを受け取ります。
  • 歯のお手入れは簡単にできますか?
  • 食事や歯みがきの時はアライナーを取り外すことができます。そのため、従来の一般的な矯正と比較すると、容易に健康で衛生的なお口元を保つことが可能です。また、アライナーは取り外しが可能なマウスピース型矯正装置のため、従来の矯正装置のように食べ物がワイヤーやブラケットに挟まることがありません。
  • アライナーの装着時間を守らなかった場合、治療に影響はありますか?
  • インビザライン・ティーンは矯正歯科医の指導のもと、適切にアライナーを装着することが大切です。一般的に、食事と歯みがきの時間を除いた、一日20時間~22時間アライナーを装着することで、最も高い治療効果が得られます。
Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.