えんどうインプラント矯正歯科クリニックの考えるインプラントとは?

HOME > 診療案内 > インプラントとは
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは、失われた永久歯のように、
再び食べる喜びを感じることのできる治療法です。

従来は、失った永久歯の替わりに「入れ歯」などを用いてきました。
しかし「入れ歯」の問題点として、周囲の歯に負担をかける、
異物感を感じる、食べ物が食べづらい、長年使用すると作り直しが
必要になるなどが挙げられます。
インプラント治療は、それらの問題点を補うことのできる治療法です。

インプラントのパーツは大まかに、人工の歯である「上部構造」、顎の骨に固定される人工歯根の「フィクスチャー」、この二つを連結する「アパットメント」の3つから構成されています。
まずあごの骨に穴をあけて人工歯根を埋め込む外科手術を行ない、人工歯根が骨と結合した後、その上に人工歯をかぶせる治療になります。

人工の歯 歯肉 あごの骨 インプラント インプラントの構造 上部構造(人工歯) アバットメント(連結部分) フィクスチャー(人工歯根)

インプラント治療を行なえば、自分自身の歯と同様の噛みごたえを得ることができます。

こんなお悩みをお持ちの方へお勧めしています

  • ご自分の歯のような食感や味覚で食事を楽しみたい方
  • 使用している入れ歯にガタつきなどの違和感がある方
  • 今ある健康な歯を長く維持したい方

インプラント治療の特徴

  • 自分の歯と同じような感覚で噛むことができるので、食べる楽しみが増えます
  • 周囲の健康な歯を削る必要がないため、お口全体の健康を維持しやすくなります
  • 異物感がなく、お口全体の見た目を天然歯に近い状態に再現できます
  • 人工の歯を埋め込むための外科手術が必要になります

インプラントメーカー

京セラメディカル株式会社製
京セラメディカル株式会社製

国内最大手のインプラントメーカーで、国産ゆえの日本人に適した製品と歴史ある実績が、広く歯科医師の間でも認知されています。
国産インプラントメーカーでもっとも歴史が古い京セラ株式会社と株式会社神戸製鋼所の医療材料事業が統合し、日本で初めてセラミック製人工歯根を開発しました。
両社のセラミックスと金属の材料技術・加工技術は、歯科のみならず現代医学を支える重要な技術です。
その実績と信頼から国産インプラントとしてのシェアは断トツのNo.1です。

ノーベルバイオケア社製
ノーベルバイオケア社製

ノーベルバイオケア社は、世界で初めて近代歯科インプラントの製品を展開して以来、世界でもっとも実績があるメーカーです。
世界トップクラスのシェアであるため歯科医師の研究やノウハウの蓄積も進んでおり、信頼性の高いメーカーでもあります。
商品ラインナップも豊富で様々な症例に対応でき、また患者様の幅広いニーズにもお応えできる「機能性」「見た目の美しさ」による優れた治療が可能です。

ストローマン社製
ストローマン社製

70ヶ国以上で使用されており、世界第2位のシェアを誇るインプラントメーカーです。
非営利学術組織ITIとパートナーシップを結んでおり、もっとも科学的に研究されていることが広く世界に知られています。
専門的な訓練を受けることが義務づけられている信頼性の高さ、国際基準であるISO9001の認証も得ている品質管理の確かさから、日本でもっとも使用されているインプラントメーカーの一つとなっています。

最新設備紹介

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTスキャンは、インプラント治療に必要不可欠である
内部構造の把握、より精密で正確な診断を可能にします。

従来のレントゲン撮影では、立体的なお口の中の構造を
2次元の平面画像上でしか診断できませんでした。
しかしインプラントの診断には、
歯と歯槽骨(あごの骨)の状態や形、神経の位置など、
あごの解剖学的構造を把握する必要があります。
CTスキャンはこれらを立体画像で確認できるだけでなく、
上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣など、
より確実なインプラント治療を行なうのに必要な情報を得ることができます。
これらにより当院では最善な治療計画を立てることができ、
長く使用していただけるインプラントの治療ができます。

また院内にCTスキャンがあることで、撮影から初期診断までのスピードが速くなります。
事前にインプラントを埋め込む際のシミュレーションもできますので、治療時間の短縮にもつながり、患者様の負担を減らし治療をより円滑に行なえます。

セレックシステム

セレックシステム

従来は、歯並びや噛み合わせなどを歯の型取りで把握していました。

しかし、セレックシステムは最先端の3D光学カメラで
撮影(スキャン)するだけでモニター上に再現し、
コンピュータが自動で人工歯などの修復物を理想的な形に
設計・製作までできる、医療先進国ドイツで生まれた
CAD/CAMシステムです。
修復物に使用されるセラミックブロックは工業的に厳格な
管理のもと製造されているため、耐久性が高く、
見た目も天然の歯に限りなく近い仕上がりになります。

セレックシステムは、歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できますので、一般的な修復物よりも短期間に低価格で高精度の修復物が作製できるのが特徴です。

全身麻酔

全身麻酔

インプラントの手術で局所麻酔を使用する場合、
手術中の音が聞こえることもあり、
患者様によっては緊張や不安が大きな負担になることがあります。
しかし、全身麻酔は苦痛や不安を与えることがないため、
安心して治療を受けていただけます。

大学病院などの大きな施設では治療法の一つとして
取り入れられていますが、高い麻酔技術が必要なため
一般の歯科医院では非常に珍しい方法です。
えんどうインプラント矯正歯科クリニックでは、
院長が朝日大学歯学部総合医科学講座麻酔学分野を専攻しておりましたので、
最善の安全を確保することができます。

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.