えんどうインプラント矯正歯科クリニックのAll-on-4治療についてご紹介します。

HOME > 診療案内 > All-on-4
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
All-on-4

All-on-4とは

All-on-4とは

インプラント4本

インプラントの挿入本数が少ない最先端の治療法

総入れ歯をお使いの方や多くの歯を無くした方、インプラントを埋入するには骨が足りないと診断された方のための新しいインプラント治療法がAll-on-4(オールオンフォー)です。

今までは、全ての歯を失った方へのインプラント治療は、骨の移植や、8~14本のインプラントを埋め込むことが必要でした。
そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという問題がありました。

All-on-4は、4本のインプラントで力を広く均等に配分する埋め方をすることで、全ての人工歯を支えることができます。

少ない本数での治療を可能にしたことで、従来の問題点を解消でき、患者様の費用・腫れ・手術時間や精神的な面での負担を減らすことができる最先端の技術です。

All-on-4と従来の治療方法の違い

  • 全ての歯を失っている方でも多くのインプラントを必要とせず、最低4本で済む
  • 今までは仮歯の装着までに時間がかかっていたが、インプラントの挿入から仮歯の装着まで1日で行うことが可能
  • 顎の骨の量が足りなくても、多くの場合、骨を増やす治療は必要ない

All-on-4のメリット

  • 手術時間が短く、手術をしたその日から噛めるようになる
  • 必要最小限のインプラントで、治療費を抑えることができる
  • 術後の腫れも少なく、手術による身体への負担が軽くなる
  • 治療時間が短く、すぐに仮歯を装着できるため、忙しい方にも負担が少ない

All-on-6にも対応できます。

欧米人と日本人では骨の作りに違いがあり、欧米人は日本人に比べてとても丈夫にできています。
顎の状態や噛み合わせから、All-on-4をする際にインプラントの本数を調整した方が望ましいこともあります。
この時、All-on-4の後方に2本のインプラントを追加し、計6本のインプラントで治療する方法を
All-on-6(オールオンシックス)といいます。

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.