えんどうインプラント矯正歯科クリニックのスタッフは「患者様の不安を少しでもなくすことが私ども衛生士、助手の役目」と語り、ブログに投稿しております。

HOME  > 歯の豆知識  > 一番重要な歯!6歳臼歯について

月別一覧

  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】

カレンダー

2019年07月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2019年08月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

2019年09月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
歯の豆知識

歯の豆知識

一番重要な歯!6歳臼歯について

2019年02月28日

 

こんにちは!えんどう歯科・矯正歯科クリニックの中町侑右です。

2月の歯の豆知識を担当させていただきます。よろしくお願いします。

 

私は生まれも育ちも兵庫県で、瀬戸内海に面しているところなので、冬でもあまり雪は降らない暖かい気候になります。大学から岐阜で一人暮らしを始めて、就職を機に昨年の4月から関市に引っ越してきたので、はじめての関市の冬を過ごしているわけですが、もっと雪が積もって寒くてというのを想像していましたが、今年は雪も積もらず、例年と比べると比較的暖かい日が続いているようですね。寒いのが苦手な僕にとってはありがたい限りです!

さて、今回はお口の中でも一番重要な歯である第一大臼歯、いわゆる6歳臼歯について、詳しくお話しさせていただきたいと思います。

 

6歳臼歯は一番最初に生えてくる永久歯です。だいたい6歳くらいになると、乳歯の一番奥の歯よりも後ろの歯茎がぽこっと盛り上がったようになります。これが生え始めのサインです。歯茎を突き破ってくるように生えてくるので、何かむず痒いような感じのするお子さんもいらっしゃいますが、これは歯茎が炎症で腫れたりしているわけではないので、ご心配いりません。ようやく歯茎を突き破って頭を出してくると、半分生えて、半分歯茎に埋まっているという状況になる期間が少なからずあります。この間はブラッシングもしにくく、汚れも溜まりやすいので、非常に注意が必要です。一番最初に生えてくる永久歯ということは一番長くお口の中にあるということなので、もうこのときから虫歯にならないように気をつけていかなければなりません。いつもは2〜3本まとめてブラッシングされていても、6歳臼歯だけ1本集中的に磨いたり、1本だけ磨けるタフトブラシというものを使ったり、歯科医院でフッ素による予防をしたりと方法はいろいろあります。このくらいの年齢になると1人で歯ブラシを済ませてしまうお子さんもいらっしゃると思いますが、親御さんによる仕上げ磨きが重要になって来ます。お子さんご自身で磨く習慣も大事ですが、その後に必ずチェックしてあげてくださいね。

 

6歳臼歯は永久歯の中で一番大きな歯です。ですので、噛む力が一番大きくかかります。6歳臼歯だけで全体の30%の力がかかると言われています。かぶせ物の中には白いものもあるのですが、6歳臼歯になってくると、大きく力が加わることによってかぶせ物自体が割れてしまう可能性が非常に高くなる種類のものもあります。それくらい大きな力がかかるので失ってしまうと非常にご飯も食べづらくなります。6歳臼歯といってもお子さんだけの話ではないので、大人になってからも大事にメインテナンスして一生使っておいしく食事できるようにしていきましょう。

残念ながら虫歯になってしまった場合は、削って治療をしなければなりません。完全に虫歯になってしまった歯は、どれだけ放っておいても、薬を塗っても、治ることはありません。虫歯の部分を削って代わりとなる材料で補うしかないのです。虫歯のなりやすい部位の1つに、歯の噛み合う面の溝があります。この部分が虫歯になってしまった場合は溝の部分を含めて虫歯を削り、白い樹脂で詰め物をする治療になります。もうひとつ、虫歯になりやすい部位として、歯と歯の間があります。この部分が虫歯になってしまった場合は先ほどの白い樹脂では少し弱く、欠けてしまう可能性があるので、型どりをして部分的な詰め物をします。銀色のものが保険の適応ですが、白いものもあるので目立たなくすることもできます。虫歯が深くなり、神経まで達してしまっているときは、神経をお取りする治療が必要になります。神経の処置は1回では終わらず、回数がかかります。そして神経をお取りした歯は神経のある歯よりも弱く、折れやすくなってしまうので、全体を覆うかぶせ物の治療が必要になってきます。これも銀歯が保険の適応ですが、白い被せ物もあります。というように、虫歯の範囲や深さによって治療が変わってきますが、白い樹脂での治療で終わる虫歯の段階で発見できるように、定期的な検診は非常に重要になってきます。早期発見・早期治療ですね!

 

 

最後になりましたが、一番大事なのは虫歯にならないこと、なっても早い段階で治療をしていくことです。今回は主に6歳臼歯についてケアの仕方、噛み合わせの力、虫歯の治療法など詳しくお話しさせていただきました。小学生の間までは親御さんの仕上げ磨き、歯科医院でのフッ素、大人になってからも定期検診でメインテナンスしていくことが重要になってきます。もちろん、毎日の自宅でのケアは欠かすことのできないものです。自宅でのケアについても様々なグッズがありますので、なんでもお気軽にご相談ください。皆様のご来院、心よりお待ちしております。

えんどうインプラント矯正歯科クリニックは、岐阜県関市のお子様からお年寄りまで安心して通っていただける歯医者です。安心・努力・誠意をモットーに皆さまのお口の健康のサポートをさせていただいております。えんどうインプラント矯正歯科クリニックには関市周辺(関、岐阜、美濃、郡上、美濃加茂、各務原)から多くの患者様に来院していただいております。

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.