えんどうインプラント矯正歯科クリニックのスタッフは「患者様の不安を少しでもなくすことが私ども衛生士、助手の役目」と語り、ブログに投稿しております。

HOME  > 歯の豆知識  > Q.キシリトールとフッ素の違いはなんですか?

月別一覧

  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2018年01月

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

2018年02月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

2018年03月

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
歯の豆知識

歯の豆知識

Q.キシリトールとフッ素の違いはなんですか?

2017年11月12日

最近、キシリトール入りのガムや食品がたくさん売られています。キシリトールは虫歯予防効果が実証されている天然の甘味料で、主に北欧で三〇年ほど前から虫歯予防に使われてきました。

キシリトールは、白樺や樫の樹木からとれるキシラン・ヘミセルロースという糖分から作られています。虫歯は、ミュータンス菌などの虫歯菌が糖分をとって酸を発生することがきっかけで作られますが、キシラン・ヘミセルロースは他の糖とは違い、ミュータンス菌に食べられても酸を作りません。プラークを減らし、ミュータンス菌の働きを弱め、虫歯になりかかった歯のエナメル質を再生し、またプラークの中にカルシウムを取り入れる働きもあるので、歯の再石灰化も促進されると考えられています。また、キシリトール入りのガムは、噛むことで唾液がたくさん分泌されるため、唾液に含まれるカルシウムやリン酸が歯を強くしてくれます。

キシリトールの安全性については、世界保健機関(WHO)や国連食糧農業機関(FAO)も認めています。注意点としては、キシリトール入りの商品には他の甘味料も使われている場合があるため、「砂糖」「水あめ」といった表記のある物はなるべく寝る前や歯みがき後に食べることはやめましょう。

 

一方、フッ素は、鉄やカルシウムのように自然の中にある微量元素(ミネラル)です。緑茶や紅茶、海藻類、魚介類などに多く含まれ、歯や骨を丈夫にする栄養素です。

歯質を強くし、プラークの生成を抑え、歯の再石灰化を進めるなどの虫歯予防が認められており、フッ素液w直接塗ったりスプレーしたり、フッ素入りの歯磨き粉やうがい薬として使うことが推奨されています。アメリカの州によっては、水道水にも加えられています。

フッ素は歯自体を丈夫にできるので、キシリトール以上の虫歯予防効果を期待できます。とくに子どもの虫歯予防に役立つといわれています。ただし、プラークを取り除いてくれるわけではありません。

 

キシリトールもフッ素も、あくまで歯みがきをサポートする物だと考えておきましょう。

えんどうインプラント矯正歯科クリニックは、岐阜県関市のお子様からお年寄りまで安心して通っていただける歯医者です。安心・努力・誠意をモットーに皆さまのお口の健康のサポートをさせていただいております。えんどうインプラント矯正歯科クリニックには関市周辺(関、岐阜、美濃、郡上、美濃加茂、各務原)から多くの患者様に来院していただいております。

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.