えんどうインプラント矯正歯科クリニックでの「歯茎が腫れている(様な気がする)」方への診療のご案内です。

HOME > 症状一覧 > 歯ぐきが腫れている(様な気がする)
  • インプラント
  • 矯正歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病
  • 美容外科
  • 無料相談
  • お問い合わせ
  • 初診の流れ
  • MALO CLINIC【インプラント治療提携医院】
  • アーマーバイト

カレンダー

2017年10月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

2017年11月

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年12月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
  • …休診日
  • …午前休診
  • …午後休診
  • FAQ
  • 患者様の声
  • 雑誌掲載
歯ぐきが腫れている(様な気がする)

歯の周囲の歯ぐきが腫れている(様な気がする)

歯の周囲の歯ぐきが腫れている(様な気がする)

歯周病(歯槽膿漏)が原因なので、歯周病治療が必要です。

歯周病の詳細はコチラ

ポイント

歯ぐきが腫れている状態を放っておくと将来抜歯しなければなりません。
歯周病は、下記の様に進行していき、最終的に歯が抜けてしまいます。
歯周病は、痛みを伴わないので知らぬ間に進んでいくので注意が必要です。
日本人の80%が歯周病と言われています。

症状①
日常の歯磨きで磨き残しがあるとプラーク(歯垢)が歯と歯ぐきの間に入り込み、歯ぐきが緩み始めます。
※歯周ポケットと言います。
症状②
歯ぐきが腫れ、より深いところにプラークが入り込みます。細菌が繁殖します。
症状③
歯を支えている骨が溶け出して、歯がグラグラ動くようになります。
症状④
歯の土台の炎症が酷くなり、歯が抜け落ちてしまいます。

歯の根の先端部の歯ぐきが腫れている

根尖病巣が原因なので、根管治療が必要です。

虫歯を放置することにより神経が腐っている状態

虫歯を放置することにより神経が腐っている状態

虫歯を放っておくと神経が腐ってしまいます。
神経が腐敗すると、膿や細菌の毒素が根の先から溢れ出て、
顎の骨の中で炎症が起きます。
結果、歯ぐきが腫れてきます。最もよくある原因といえます。

対処方法

根管治療が必要です。

根管治療の詳細はコチラ

歯の根の治療の際に細菌が入ってしまっている状態

歯の根の治療の際に細菌が入ってしまっている状態

過去の根管治療(歯の根の治療)の際に細菌が入ってしまい、上記と同様な症状を起こすことがあります。
根管治療で神経を取る処置をした際に、どこかに細菌が入ってしまい、それが数年して炎症の原因となることがあります。

対処方法

根管治療が必要です。

根管治療の詳細はコチラ

冠(差し歯・クラウン)を被せた歯の根がひび割れを起こしている状態

冠(差し歯・クラウン)を被せた歯の根がひび割れを起こしている状態

過去に神経を取って、冠(差し歯・クラウン)を被せた歯の根がひび割れを起こしている場合があります。
神経を取った歯は物理的に脆くなります。
金属冠を被せて補強しますが、長年の咬む力に負けて、根にヒビが入ることがあります。
そして、ヒビに細菌が取りついて炎症を起こします。結果、歯ぐきが腫れてきます。

対処方法

抜歯が必要です。

Copyright (C) えんどうインプラント矯正歯科クリニック All Rights Reserved.